室内の空気環境 シックハウス症候群

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1003863  更新日 2020年3月11日

印刷大きな文字で印刷

きれいな空気を保つには

シックハウス症候群

壁紙の張り替えや壁の塗り替え、家のリフォームをしたときに、接着剤や塗料、建材に含まれる化学物質が揮発して室内空気を汚染する事があります。
こうした化学物質に汚染された環境で生活すると、「シックハウス症候群」と呼ばれる健康被害が生じるおそれがあります。シックハウス症候群を予防するには、積極的に正しく換気することが重要です(「上手な換気法」のページ参照)。24時間換気システムが設置されている場合は、機器の取扱説明書に従い、正しく稼動させましょう。
また、新しい家具などからも化学物質が揮発することがあり、衣類等に臭いがついて皮膚や粘膜を刺激することもあるので注意が必要です。

イラスト
シックハウス症候群にご用心

新しい家具を購入したときは、日頃から部屋の換気をよくすることが大切です。ベビー用品や衣類はビニール袋に入れてしまうようにしたり、すでに使っている家具に入れるようにしましょう。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

健康生きがい部 生活衛生課 建築物衛生係
〒173-0014 東京都板橋区大山東町32番15号 板橋区保健所
電話:03-3579-2335 ファクス:03-3579-1337
健康生きがい部 生活衛生課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。