国民年金給付種別

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1003191  更新日 2022年4月1日

印刷大きな文字で印刷

老齢基礎年金

20歳から60歳までの40年間、全期間保険料を納付された方は、65歳から満額:777,800円(令和4年度)の老齢基礎年金が支給されます。老齢基礎年金を受給するためには、保険料を納めた期間や保険料を免除された期間などが、原則、10年(120月)以上あることが必要です。
ご自分の年金額をお知りになりたい方は、最寄りの年金事務所でお調べいただくか、日本年金機構のホームページでも年金見込額試算申込みができますので、ご利用ください(ただし、試算は50歳以上の方に限ります)。

障害基礎年金

令和4年度年金額
1級 972,250円
2級 777,800円
国民年金に加入中の病気やケガにより、障がいの状態にある間は障害基礎年金が支給されます。
初診日の前々月までに保険料納付済期間(保険料免除期間を含む)が加入期間の3分の2以上あること、または初診日において65歳未満であり、初診日の前々月までの1年間に保険料の未納がないことが必要です。

遺族基礎年金

令和4年度年金額
1,001,600円(子1人の場合、配偶者に支給される額)
(基本額:777,800円+子の加算額:223,800円)
次の1から3のいずれかに該当する方が亡くなったとき、18歳までの生計を同じくする子(18歳になった最初の3月31日までの間にある子。障がいがある場合は20歳未満。)のある配偶者が受けられます。また、18歳までの子のみの場合も受けられます。(平成26年4月1日以降は、妻が死亡した夫も受給可能となりました。)
注 受給できるのは、原則として年収850万円未満の方です。

  1. 国民年金・厚生年金に加入している方で、保険料納付済期間(保険料免除期間を含む)が加入期間の3分の2以上あること、または死亡日の属する月の前々月までの直近の1年間に、未納がないこと。
  2. 保険料納付済期間と保険料免除期間および合算対象期間を合算(「保険料納付済期間など」という。以下同様)して25年以上ある方。
  3. 老齢基礎年金の受給権者であること(保険料納付済期間などが25年以上ある人に限る)。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

健康生きがい部 国保年金課 国民年金係
〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
電話:03-3579-2431 ファクス:03-3579-2425
健康生きがい部 国保年金課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。