療養費の支給(後期高齢者医療制度)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1003540  更新日 令和2年1月25日

印刷大きな文字で印刷

被保険者が以下のような治療等を受けたとき、被保険者に療養費を支給します。
治療用装具の療養費申請については、平成30年4月1日から要件が変わりました。

療養費が支給される場合

  1. 治療用コルセット等を作ったとき(支給申請書は下記の添付ファイルからダウンロードできます)
  2. はり、灸、マッサージを受けたとき
    ※上記1、2の場合は、医師が必要と認めた場合のみ支給の対象となります。
  3. 保険証を使わないで治療を受けたとき
  4. 海外で診療を受けたとき
    ※4は日本の保険の適用範囲内に限ります。

手続きに必要なもの

1、2の場合

  • 保険証
  • 個人番号が確認できるもの(個人番号カード・通知カード等)
  • 印鑑(スタンプ印は不可)
  • 医師の意見書
  • 領収書
  • 被保険者名義の金融機関の口座番号がわかるもの(ゆうちょ銀行の場合は従来の口座番号ではなく、振り込み用の店名・店番・口座番号が必要となります)

3、4の場合

  • 保険証
  • 個人番号が確認できるもの(個人番号カード・通知カード等)
  • 印鑑(スタンプ印は不可)
  • 医療機関等に支払った費用の領収書
  • 診療報酬明細書
  • 被保険者名義の金融機関の口座番号がわかるもの(ゆうちょ銀行の場合は従来の口座番号ではなく、振り込み用の店名・店番・口座番号が必要となります)

※4の場合、診療報酬明細書と領収書は日本語訳が必要です。内容がわかれば、翻訳者はどなたでもかまいません。翻訳文には翻訳者の氏名及び住所を記載し、捺印をしてください。また、渡航の事実や治療等が渡航期間内に行われたことを確認させていただくため、パスポート等をご持参ください。
※代理人が申請する場合、代理人の身分証明書が必要です。

受けられる給付

総医療費のうち、自己負担分を除いた額

申請窓口

健康生きがい部 後期高齢医療制度課 資格給付グループ
※郵送での申請を希望される場合は、担当窓口までお問い合わせください。

療養費支給申請書(補装具用)のダウンロードについて

療養費支給申請書(補装具用)は、下記の添付ファイルからダウンロードできます。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

健康生きがい部 後期高齢医療制度課
〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
電話:03-3579-2327 ファクス:03-3579-3402
健康生きがい部 後期高齢医療制度課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。