転入転出等に係わる手続き(後期高齢者医療制度)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1003527  更新日 令和2年4月30日

印刷大きな文字で印刷

後期高齢者医療制度の被保険者が板橋区から転出する場合、板橋区に転入、区内で転居する場合には、以下のような手続きが必要です。

申請窓口

板橋区から東京都外の市区町村に転出する場合

被保険者証を上記申請窓口にお持ちください。
「後期高齢者医療負担区分等証明書」等を発行します。
※都外へ転出される方で次の1~3に該当される方は「後期高齢者医療負担区分等証明書」とあわせて以下の証明書を発行します。

  1. 現在75歳未満で障害認定により後期高齢者医療制度に加入している方:「障害認定の証明書」
  2. 特定疾病療養受療証をお持ちの方:「特定疾病の証明書」
  3. 後期高齢者医療制度に加入する直前が被用者保険の被扶養者だった方:「被扶養者であった旨の証明書」

この証明書を、転出先の市区町村の後期高齢者医療担当窓口にお持ちください。
老人ホーム等の施設入居の場合は手続き書類が変わりますので、お申し出ください。
被保険者証の有効期限は転出日の前日までです。
転出日以降使用した場合には、保険者支払医療費を返金していただく手続きが必要になりますので、ご注意ください。

板橋区から東京都内の市区町村に転出する場合

後期高齢者医療制度に関する手続きは不要です。
転出先の市区町村の後期高齢者医療担当窓口に被保険者証をお持ちください。

東京都外の市区町村から板橋区に転入する場合

前住所地の市区町村から発行された「後期高齢者医療負担区分等証明書」・個人番号が確認できるもの(個人番号カード・通知カード等)を上記申請窓口にお持ちください。
※都外から転入される方で次の1~3に該当される方は、「後期高齢者医療負担区分等証明書」とあわせて以下の証明書をお持ちください。

  1. 現在75歳未満で障害認定により後期高齢者医療制度に加入している方:「障害認定の証明書」
  2. 特定疾病療養受療証をお持ちの方:「特定疾病の証明書」
  3. 後期高齢者医療制度に加入する直前が被用者保険の被扶養者だった方:「被扶養者であった旨の証明書」

申請後、1週間程度で新しい被保険者証を簡易書留で郵送します。

東京都内の市区町村から板橋区に転入する場合

前住所地の市区町村で発行された被保険者証・個人番号が確認できるもの(個人番号カード・通知カード等)を上記申請窓口にお持ちください。申請後、1週間程度で新しい被保険者証を簡易書留で郵送します。

板橋区内で転居する場合

被保険者証・個人番号が確認できるもの(個人番号カード・通知カード等)を上記申請窓口にお持ちください。
申請後、1週間程度で新しい被保険者証を簡易書留で郵送します。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

健康生きがい部 後期高齢医療制度課
〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
電話:03-3579-2327 ファクス:03-3579-3402
健康生きがい部 後期高齢医療制度課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。