西王母図 狩野常信 江戸時代

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号4000430  更新日 令和2年1月28日

印刷大きな文字で印刷

技法
絹本著色
サイズ
118.5cm×47.3cm

作品:西王母図 狩野常信

常信は、江戸狩野派を創設した狩野探幽(かのうたんゆう)のおいにあたり、探幽の死後、江戸狩野派を主導した重要な画家である。その画風は、探幽の作風を装飾化したと評されてきた。
しかし、近年、本館の所蔵となった四季花鳥図屏風(びょうぶ)にみられるように、探幽におとらぬ室町研究を重ね、迫力ある作品も描いている。本図にみる、ぽってりとした愛らしい美人表現は、浮世絵にも通ずる色気を出している。右手に桃の花を持つので、この美人は中国の女仙西王母と思われる。
KANO Tsunenobu

このページに関するお問い合わせ

板橋区立美術館
〒175-0092 東京都板橋区赤塚5-34-27
電話:03-3979-3251 ファクス:03-3979-3252
区民文化部 文化・国際交流課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。