蝶二芍薬図 鈴木其一 江戸時代

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号4000497  更新日 令和2年1月28日

印刷大きな文字で印刷

技法
絹本著色
サイズ
92.4cm×34.2cm

作品:蝶二芍薬図 鈴木其一

画面でまず目をひくのは、やわらかでふっくらとした感触の芍薬(シャクヤク)の花と、それに止まるクロアゲハチョウである。チョウは墨のたらし込みを凝らし て見事に描かれ、羽の下部に芍薬の花と同系の紅色をわずかにさして心憎い。 北村季文の賛「これもまた廿日へぬべき花の上に たはるる蝶のこころをぞ知る」上部に付した其一30代前半の初々しい作である。
SUZUKI Kiitsu

このページに関するお問い合わせ

板橋区立美術館
〒175-0092 東京都板橋区赤塚5-34-27
電話:03-3979-3251 ファクス:03-3979-3252
区民文化部 文化・国際交流課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。