佐野渡図 冷泉為村 賛 住吉廣守 江戸時代

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号4000502  更新日 令和2年1月28日

印刷大きな文字で印刷

技法
絹本著色
サイズ
104.4cm×49.0cm

作品:佐野渡図 住吉廣守 賛 冷泉為村

歌枕として有名な佐野渡を、極彩色の細密描写によって描いた優品。筆者は住吉派中興の祖と言われる住吉広守(1705~1777)。住吉広保の次男で、幕府御用絵師を務め、晩年は剃髪して慶至と号す。やまと絵のつくり絵の伝統が生かされた画風となっている。
本図では胡粉による濃厚な雪の白さが目にしみる。賛は定家流を得意とした冷泉為村の筆になる。
SUEYOSHI Hiromori

このページに関するお問い合わせ

板橋区立美術館
〒175-0092 東京都板橋区赤塚5-34-27
電話:03-3979-3251 ファクス:03-3979-3252
区民文化部 文化・国際交流課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。