大人の活動 インタビュー(学ぶ・スポーツを楽しむ)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1021911  更新日 令和2年4月1日

印刷大きな文字で印刷

卒業後も 仲間と学び続ける

板橋区主催の高齢者大学校「板橋グリーンカレッジ」をご存知ですか。板橋区内在住・在勤で60歳以上の方を対象とした、2年制の学びの場です。自分ひとりで学ぶだけでなく、仲間とともに学びを深めるカリキュラムがある点が特長です。またOB会も組織されており、卒業された後も多くの方が加入され、いきいきと活動しています。このグリーンカレッジOB会サークルの1つ「男が料理を作る会」部長の岡部駒子さんにお話をうかがいました。

写真:岡部駒子さん

 

「板橋グリーンカレッジ」OB会 男が料理を作る会 部長
岡部 駒子(おかべ こまこ)さん 赤塚在住



67歳で退職後、すぐにグリーンカレッジに入学

―どうしてグリーンカレッジに入学されたのですか

私は若い頃に夫を亡くしまして、長いこと1人暮らしをしています。67歳で仕事を辞めた後、家にこもるのが嫌だったので、「広報いたばし」でグリーンカレッジの募集記事を見つけたとき、すぐに応募しました。当時は倍率も高かったようですが、たまたま定員が増えた時だったので、運よく入学できました。卒業後も聴講や大学院に通っていましたが、その間にOB会にもお誘いを受けて入会し、もう15年近くになります。


―OB会は、いろいろな活動に発展しているのですね

現在グリーンカレッジOB会では8つの専門部と5つのサークルが活動しています。会員は800人を超えました。
この「男が料理を作る会」は、当時のOB会長さんが「これからは老々介護の時代だから、男子も厨房に立つべし」と言って、11年前に立ち上げました。講師の先生とアシスタント3名は女性ですが、参加者はすべて男性。毎回30人以上が参加していますが、おかげさまで大きな事故もなく続けられています。

写真:グリーンカレッジOB会が制作しているホームページ。3支部に分かれているほか、8つの専門部と5つのサークルが活動中。それぞれに役員をおき、活動記録も充実している。URL:http://28itaob.la.coocan.jp/

写真:岡部さんと講師の望月真理(もちづきまり)先生。両氏ともサークル創設以来、運営に携わっている。



死ぬまでに少しでも人の役に立ちたい

写真:サークル創立10周年記念に製作したグリーンのエプロンと三角巾をしっかりと着用して、いざ調理開始!

―初心者に料理を教えるのは、難しいですか

やはり中には「この会に来るまで、お米を研いだこともなかった」という方もいらっしゃいますよ。でも回を重ねるごとにできるようになってきますし、難しいことは何もありません。班で協力しながら手分けしてやりますので、毎回時間通りに進んでいます。少しくらい見栄えが悪くてもご愛嬌で。ここでしか料理をしないという方もいますが、ご自宅で奥様やお孫さんのためにお作りになる方もいるようです。
料理をすることは、認知症の予防にも適した作業のようで、だからでしょうか、本当にいきいきとしている方が多いですね。


写真:あわただしい調理場も笑い声が絶えない。

―お忙しいと思いますが、お元気の秘訣は

米寿になりましたが、気は若いものですから、「少しでも皆さんのお役に立てれば」という気持ちで動き回っています。このサークル以外にも、「落語を楽しむ会」にも所属していますし、OB会支部の副支部長と会計も務めていますので、今でも月20日くらいは外出しています。
80歳の時、ボウリングの最中に転んで骨折し、3か月入院したこともありましたが、リハビリを頑張ってまた元通りに出かけられるようになりました。わずらわしいことやストレスがあっても、あまりクヨクヨしない性格が幸いしているのかなと思っています。


写真:この日の献立 韓国海苔巻き、鶏肉の参照焼き、豆腐の白和え、味噌汁

写真:お待ちかねの試食タイム。仲間と食べるとおいしさも格別だ。



板橋グリーンカレッジ に関する情報はこちらから


より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

健康生きがい部 長寿社会推進課
〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
電話:03-3579-2371 ファクス:03-3579-2309
健康生きがい部 長寿社会推進課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。