備えておきましょう非常用持ち出し袋

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1005662  更新日 2020年1月25日

印刷大きな文字で印刷

現在、東京にいつ直下型地震が起きてもおかしくないと言われています。地震が起きたときの備えとして、各ご家庭で7日分以上(最低限3日分)の備蓄品を備えましょう。
ここでは、災害時に「非常用持出品」として準備が必要となる最小限のものを紹介いたします。

飲料水・非常食糧(少なくとも3日分)

※水は1人1日3リットル必要です。

衣類など

下着・着替え上下・防寒衣・雨具・靴(底の厚いもの)

道具類

タオル・携帯ラジオ・懐中電灯・乾電池・マッチ・ローソク・ナイフ・軍手・缶切・ビニールシート・ビニール袋など

貴重品・救急用品

通帳・三角巾・印鑑・包帯・ガーゼ・消毒薬・胃腸薬・常備薬など

そのほか必要と思われるもの

赤ちゃん用ミルク・哺乳瓶・おむつ・ティッシュペーパー・生理用品など

イラスト
非常持出袋の例

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

危機管理室 地域防災支援課
〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
電話:03-3579-2151 ファクス:03-3963-0150
危機管理室 地域防災支援課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。