公共交通の利用の必要性

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1015793  更新日 2020年3月5日

印刷大きな文字で印刷

板橋区の便利な交通環境

区内の鉄道は、東武東上線、都営地下鉄三田線、JR埼京線、東京メトロ有楽町・副都心線の4つの路線が都心と埼玉県方面を結んでいます。それぞれの路線同士の間隔は最大でも2キロメートル程度と、比較的密度が高く鉄道が運行されていることが特徴の一つです。

路線バスは、これらの鉄道の間を結ぶ形で網目のように張り巡らされ、また、近隣区市の主要駅などにもバス路線がつながるなど、便利なバスネットワークが構築されています。

タクシーは、都市部ということで、多くの事業者・個人のタクシーにより、駅や大規模な病院などを起点として、区内各地において営業が行われています。

このような電車・バス・タクシーを自由に使える交通利便性の高さは、区の財産と言えると考えています。

便利な公共交通を、これからも維持していくために

地方都市では、自家用車に依存した都市構造・生活スタイルや乗務員不足により、鉄道の減便、路線バスの減便・廃止、タクシーの減少が進んでいます。そして、高齢者が運転免許返納をしようとしても、自家用車の代わりとなる路線バスやタクシーなどの公共交通機関がなく、生活が成り立たなくなってしまうことが大きな社会問題となっています。

都市部に位置する板橋区は、自家用車の利用が特に多いわけではありませんが、車の集中で渋滞が生じている場所も多く、環境問題や商店街・生活道路での交通安全対策など、自動車利用による課題は数多く生じています。また、少子高齢化・勤労世代の減少の影響を受けて、近隣の地域では、バスの乗客の減少や、乗務員不足のために、路線バスが減便・廃止される事例も増えており、最近は区内でも実際に廃止されたバス路線も発生しました。まだ皆さんに実感はないかもしれませんが、少しずつ利便性の低下が始まっています。

都市部・23区内と言えども、交通利便性の確保・維持について、真剣に考えるべき時期が到来しています。

具体の取組みはこれからですが、何よりも区内の便利な公共交通機関を維持していくために大切なことは、たくさんの方にご利用いただくことに尽きます。すなわち、日常的に、皆さんに電車・バス・タクシーなど公共交通機関をご利用いただくことが大切なのです。

お出かけには公共交通機関をご利用ください

自家用車は便利な乗り物ですが、たくさんの方が利用すると交通集中による渋滞を招きますし、目的地では駐車場所の確保も必要となります。また、自動車からの排気ガスは、環境へ与える影響は小さくはなく、少しでも環境負荷を減らしていく取り組みが必要とされています。

区内には便利に使える公共交通機関が充実していますので、お出かけには電車やバス、タクシーなどの公共交通機関をご利用ください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

都市整備部 都市計画課 交通企画都市基盤係
〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
電話:03-3579-2548 ファクス:03-3579-5436
都市整備部 都市計画課へのお問い合わせや相談は専用フォームをご利用ください。