板橋學校

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1033607  更新日 2021年10月17日

印刷大きな文字で印刷

板橋學校を開校します!

板橋學校とは?

 今回開催する板橋學校は、旧宿場町である「仲宿地域」に焦点を当てたカリキュラムとなっています。

 仲宿地域は、江戸時代に中山道の最初の宿場町として知られる「板橋宿」の一部として整備され、発展しました。

 明治になって鉄道が開業すると、交通手段も人馬から鉄道へと変わり、仲宿地域も一時は衰退してしまいます。

 しかし、陸軍が広大な屋敷地を構えていた旧加賀藩前田家の下屋敷跡に「陸軍板橋火薬製造所」を設置すると、街は次第に賑わいを取り戻し始めます。そして、戦後から現在にかけては、多くの商店が建ち並ぶ商店街として発展し、区内外に広く知られるようになりました。

 板橋學校では、このような仲宿地域の草創期から現在にかけての発展のあゆみを、それぞれ異なる時代や分野を専門とする講師の視点から描き出していきます。史料を読み解くことで見えてきた板橋宿、仲宿の姿や、商店街の移り変わりを見てきた商店主の方々の語りを通して、受講者の皆さま方に仲宿地域、ひいては「いたばし」の魅力を深堀りしてお伝えすることを目指します。

講義・日時

板橋學校チラシ

(1)9月26日(日曜日) 建物見学会(緊急事態宣言延長により中止)

 午後2時から4時まで

 注:当日は2グループに分かれ板五米店を見学していただきます。また見学会の前後(グループにより異なります)に当館専門員が公文書館などをご案内致します。

(2)10月17日(日曜日) 江戸時代の板橋宿を知る(終了)

 午前の部:10時から 午後の部:2時から

(3)11月 7日(日曜日) 板橋宿の近代を知る

 午前の部:10時から 午後の部:2時から

(4)11月28日(日曜日) 板橋宿と板橋火薬製造所

 午前の部:10時から 午後の部:2時から

(5)12月11日(土曜日) 老舗商店主が語る板橋宿

 午後2時から3時30分まで

 注1:(2)(3)(4)は午前の部・午後の部とも同じ内容になります。希望の部をお申込みください。

 注2: 新型コロナウイルス感染症の影響で、見学会・講義が中止になる場合があります。

講義の概要

 9月26日 建物見学会(緊急事態宣言延長により中止)

 講師:波多野 純 先生(日本工業大学名誉教授)

 仲宿商店街に今も残る板五米店の建物は、大正3 年(1914)に建築された、都を代表する近代建築であり、『東京都の近代和風建築』(東京都教育庁編)でも最重要の物件として収録されています。

 当日は、波多野先生の案内のもと、和風建築に洋風の意匠が加味された、近代の息吹を感じさせる板五米店の魅力を実感していただきます。

講師の略歴は【講師紹介1】の添付ファイルをご覧ください

10月17日 江戸時代の板橋宿を知る(終了)

 講師:当館専門員

 板橋宿は、日本橋から始まる中山道の最初の宿場で、上宿、中宿(仲宿)、下宿(平尾宿)という3つの宿場からなっていました。江戸時代には品川宿(東海道)、内藤新宿(甲州街道)、千住宿(奥州街道・日光街道)とともに、江戸四宿の1つとして栄えていました。

 講義では、板橋宿が果たしていた役割やその実態についてお話いたします。

11月 7日 板橋宿の近代を知る

 講師:当館専門員

 参勤交代をはじめとする人々の往来が盛んであった板橋宿でしたが、徳川の時代が終わり明治にはいると、宿場町としての使命を終え、大きな転換を迫られます。

 明治から大正にかけて板橋宿は、北豊島郡役所や東京区裁判所下板橋出張所が置かれるなど、公的施設が集まる地域となりました。こうした近代の板橋宿の姿について、写真・地図・公文書などの史料を活用しながら学びます。

11月28日 板橋宿と板橋火薬製造所

 講師:当区教育委員会学芸員

 近代の板橋宿を語る上で外せないもう1つの出来事が、板橋火薬製造所の造営です。富国強兵政策のもと、明治政府初の近代的火薬製造所として、明治9年(1876)、加賀藩下屋敷の跡地に設置されました。

 講義では、国指定史跡となった製造所跡の遺構と文化財的評価を通して、板橋の近代産業史について学んでいきます。

12月11日 老舗商店主が語る板橋宿

 講師・コーディネーター:熊本 博之 先生(明星大学人文学部教授)

 昭和、平成、そして令和を通して仲宿商店街の移り変わりを直に見てきた老舗商店の店主の方々をお迎えして、在りし日の商店街の姿を語っていただきます。仲宿商店街、ひいては板橋区のこれからについて、受講者のみなさんといっしょに考える場にしていきたいと思います。

講師の略歴は【講師紹介2】の添付ファイルをご覧ください

 

場所

 板五米店(仲宿40-1)

 公文書館(本町24-1)12月11日のみ

申込・締切日

申込記入項目

 (1)板橋學校、希望講座名(例:建物見学会)

 (2)郵便番号・住所

 (3)氏名(ふりがな)

 (4)年齢

 (5)電話番号(携帯電話など連絡の取りやすいもの)

 注1:返信用はがきに申込者の住所・氏名を忘れず記入してください。

 注2:はがき1枚で複数人での申込みはご遠慮ください。

 注3:各回につき当選結果をはがきにて通知いたしますので、お手数ですが1講座につき、1枚の往復はがきで申込みください。

 注4:各回の締切日(必着)までに往復はがきで申込みください。

申込先

 173-0001 板橋区本町24-1 板橋区公文書館

板橋學校スケジュール
とき 講座内容 締切日(必着)
9月26日(日曜日) 中止 建物見学会 (緊急事態宣言延長により中止) 9月12日(受付終了)
10月17日(日曜日)終了 江戸時代の板橋宿を知る (終了) 10月3日(受付終了)
11月7日(日曜日) 板橋宿の近代を知る 10月24日
11月28日(日曜日) 板橋宿と板橋火薬製造所 11月14日
12月11日(土曜日) 老舗商店主が語る板橋宿 11月27日

費用

 各回 一般 540円・65歳以上の方270円

 注:第1回建物見学会については、公文書館から板五米店への移動があるため、傷害保険料が別途50円かかります。

主催・問い合わせ

 板橋区公文書館

 【郵便番号・住所】173-0001 板橋区本町24-1

 【電話番号】03-3579-2291

 【休館日】日曜日・月曜日

関連リンク

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

総務部 区政情報課
〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
電話:03-3579-2020 ファクス:03-3579-4213
総務部 区政情報課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。