マイクロビーズクッションの処分について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1039406  更新日 2022年6月7日

印刷大きな文字で印刷

ごみとして出されたマイクロビーズの飛散事故が増えています

マイクロビーズクッションをごみとしてお出しする際は解体しないでください

集積所や道路上などに飛散したマイクロビーズは回収が非常に困難でその後の収集作業に支障をきたします。

マイクロビーズを使用したクッションや枕、ソファなど、大きさが30センチを超えるものは粗大ごみに該当します。解体せずに粗大ごみにお出しください。穴が開いてしまったものは穴をふさぎ、中のマイクロビーズが漏れないようにお出しください。

30センチ未満の製品は可燃ごみに該当します。解体せずにごみ袋に入れ、袋に「マイクロビーズ」と明記してお出しください。穴が開いてしまったものは穴をふさぎ、中のマイクロビーズが漏れないようにお出しください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

資源環境部 資源循環推進課
〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
電話:03-3579-2217 ファクス:03-3579-2249
資源環境部 資源循環推進課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。