ひきこもり相談・ひきこもり家族教室

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1002487  更新日 2021年3月23日

印刷大きな文字で印刷

こんな悩みはありませんか?

以下の悩みを抱えているご家族やご本人のための相談と家族教室を行なっています。

・仕事や学校、友人とのつきあいなど社会的な場面への参加をしないまま、半年以上自宅や自室で生活している
・近所のコンビニエンスストアや趣味の活動以外にはほとんど外出することなく、昼夜逆転した生活を送っている
・仕事や就職活動がうまくいかず、それ以来ひきこもっている
・精神的な病気にかかっているのではないか心配
・家の中で暴力・暴言があり、対応に困っている

ひきこもり相談

児童精神科医によるひきこもりのことでお困りのご家族を対象にした予約制の個別相談です。発達障がいや他の精神疾患、児童思春期の心理的問題との関係を検討し、今の状況の理解及び今後の関わり方や支援について助言します。

相談日時

下記の日程(午後1時40分から、午後2時40分から)

時間はおひとり50分程度です。

令和3年 令和4年

4月

5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 3月
28日 26日 23日 28日 25日 29日 27日 24日 22日 26日 2日

 

対象

ひきこもりのことでお困りのご家族(板橋区在住・在勤・在学)

相談医

東京都立大塚病院 児童精神科 鈴村 俊介医師

会場

板橋区保健所(板橋区大山東町32-15)5階 グループミーティングルーム

申込方法

予約制です。はじめに担当地域の健康福祉センター保健師にご相談ください。

医師との個別相談日の前にご家族と地区担当保健師の面接があります。

担当地域の健康福祉センターは下記リンクをご覧ください。

ひきこもり家族教室

息子や娘の「ひきこもり」に直面したとき、親としてどのように対応すれば良いのでしょうか?今、ひきこもる若者が増えています。「ひきこもり」はあなたの家族だけに起きている問題ではありません。家族教室に参加して講師とともに勉強し、お互いに知恵を出し合い、最新の情報を収集して、適切な対応法を見つけましょう。

日時・内容

「ひきこもり家族教室」では対応方法についての講座とグループでの相談・交流会を実施しています。

令和3年度前期講座

 

とき 内容(内容は変更する場合がございます)

第1回

4月19日(月曜日)

午前10時から午前11時45分

ひきこもる理由

~背景にある思いとは~

第2回

 

5月10日(月曜日)

午前10時から午前11時45分

支えとなる関わり方

~状況別コミュニケーション~

第3回

5月31日(月曜日)

午前10時から午前11時45分

色々なとらえ方を考える

~認知療法の視点等から~

第4回

 

6月21日(月曜日)

午前10時から午前11時45分

発達障がいとひきこもり

第5回

 

7月12日(月曜日)

午前10時から午前11時45分

エネルギー補給のために

~傾聴やリラクゼーション等~

第6回

 

7月26日(月曜日)

午前10時から午前11時45分

ひきこもり者との対話

~オープン・ダイアローグ~

第7回

 

8月2日(月曜日)

午前10時から午前11時45分

支援機関・社会参加の紹介

第8回

 

8月16日(月曜日)

午前10時から午前11時45分

考え方のパターンを見直す

~考え方の癖を理解する~

第9回

 

9月6日(月曜日)

午前10時から午前11時45分

本人の体験談

第10回

 

9月27日(月曜日)

午前10時から午前11時45分

ソーシャルスキルトレーニングの利用

~対人関係の自信のために~

令和3年度後期講座

  とき 内容(内容は変更する場合がございます)
第1回

10月4日(月曜日)

午前10時から午前11時45分

『動きたくても動けない』若者の支え方

~家族、支援者のできること~

第2回

10月18日(月曜日)

午前10時から午前11時45分

発達心理学の視点からひきこもりを考える

~子どもの成長と家族~

第3回

11月1日(月曜日)

午前10時から午前11時45分

支援機関・社会参加の紹介

第4回

11月15日(月曜日)

午前10時から午前11時45分

ひきこもり者との対話

~アサーションの実践~

第5回

12月6日(月曜日)

午前10時から午前11時45分

ひきこもりとこころの病

第6回

12月20日(月曜日)

午前10時から午前11時45分

自己肯定感を高めていくために

 

第7回

1月17日(月曜日)

午前10時から午前11時45分

ひきこもりを社会的背景から考える

~今、私たちにできることは何か~

第8回

2月7日(月曜日)

午前10時から午前11時45分

他者への信頼感を高めるために

第9回

2月21日(月曜日)

午前10時から午前11時45分

本人の体験談

第10回

3月7日(月曜日)

午前10時から午前11時45分

コミュニケーションスキル

~『会話力』『雑談力』の視点から~

 

会場

令和3年度前期講座

板橋健康福祉センター(板橋区大山東町32-15)2階

令和3年度後期講座

志村健康福祉センター(板橋区蓮根2-5-5)3階運動室

講師

青少年健康センター 茗荷谷クラブ 公認心理師 井利由利氏 関口久美子氏

対象

ひきこもりのことでお困りのご家族(板橋区在住・在勤・在学)

申込方法

前期講座・後期講座ともに、はじめてご参加される方は担当地域の健康福祉センターの保健師にご相談ください。

過去にご参加されたことのある方は予防対策課(03‐3579-2329)にお電話ください。

途中の回からでもご参加できます。

健康福祉センターの担当地域

次をクリックしてご覧ください。

関連情報

東京都のひきこもり相談事業

東京都ひきこもりサポートネット(メール相談、電話相談、訪問相談)

メール相談、電話相談に加え、15歳以上のひきこもりの方を対象とした訪問相談(概ね5回まで)を行ってます。いずれも相談は無料です。
ひきこもりサポートネットについて、詳しくは下記リンクをご覧ください。
ひきこもりサポートネットの「訪問相談」を希望する場合、区での申請窓口は、予防対策課管理・精神難病係となります。(電話:03-3579-2329)

東京都若者総合相談センター若ナビα(電話相談・メール相談・来所相談)

若者の人間関係や孤独、不安、仕事などに関するさまざまな悩みに、電話・メール・来所で相談を受けます。おおむね18歳以上の若者やその保護者を対象とした無料相談窓口です。詳しくは下記リンクをご覧ください。

板橋区の関連機関

いたばし若者サポートステーション

いたばし生活仕事サポートセンター

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

健康生きがい部 予防対策課
〒173-0014 東京都板橋区大山東町32番15号
電話:03-3579-2329 ファクス:03-3579-1337
健康生きがい部 予防対策課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。