いたばしNo.1実現プラン2018の実績

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1007070  更新日 2020年1月28日

印刷大きな文字で印刷

板橋区基本構想で掲げる将来像「未来をはぐくむ緑と文化のかがやくまち“板橋”」の実現に向け、板橋区基本計画2025の始動を担うアクションプログラムとして、計画事業を着実に推進していくことで「東京で一番住みたくなるまち」と評価されるまちを実現化していくものとして、いたばしNo.1実現プラン2018(以下「No.1プラン2018」)を策定しました。

No.1プラン2018では、板橋の魅力を高め、未来を創造していく第一歩として、新たな価値を提供する、都内初となる乳幼児親子に対する育児支援を中心とした子育て応援児童館CAP’Sの始動、生涯を通じた学びの支援施設まなぽーとの開設、競技と観戦の楽しさを味わえるあずさわプールの整備など、しっかりとした足どりで「東京で一番住みたくなるまち」の実現に向けて歩み始めることができました。

※「No.1プラン2018」全編は、データ容量の都合から、次のリンクからダウンロードしてご覧いただけます。

いたばしNo.1実現プラン2018

計画の特徴・性格

「No.1プラン2018」は、未来を創るまちづくりを推進していくにあたって計画的に実施すべき事業を定める「実施計画」(未来を創る“まちづくり”編)、区政を支える行財政経営の健全化と経営資源の最適配分によって区民サービスの向上を図る「行財政経営計画」(区政を支える“基礎づくり”編)、戦略的な区政経営を実現するために変革・挑戦する職員への成長と区民サービスの質を追求する組織づくりを推進する「人材育成・活用計画」(次代を担う“ひと創り”編)を包括し、これら3つの柱が有機的かつ相乗的に効果を高め合って、総合的・効果的に「東京で一番住みたくなるまち」(「いたばしナンバーワン」)と評価されるまちをめざすものです。

「実施計画」を推進する健全な行財政経営の基盤を「行財政経営計画」で確立して経営資源を生み出し、さらに「人材育成・活用計画」によって戦略的な区政経営を実現する人づくり・組織づくりを推進し、「行財政経営計画」と相まって、限られた経営資源を「実施計画」の推進へ最適配分することによって、区政の持続的な発展を可能とし、質の高い区民サービスの安定的な提供を実現していくものです。

なお、「人材育成・活用計画」編(次代を担う“ひと創り”編)は、本計画と同時に策定した「板橋区人材育成・活用方針-ひと創り2025-」(平成28年度から10年間の人事政策における長期方針)の実現に向けた前期3年間の具体策を示す役割も担っています。

計画の期間

平成28年度から平成30年度までの3か年です。

計画の構成

第1章「総論」
第2章「実施計画」編(未来を創る“まちづくり”編)
第3章「行財政経営計画」編(区政を支える“基礎づくり”編)
第4章「人材育成・活用計画」編(次代を担う“ひと創り”編)

計画の閲覧

政策企画課(本庁舎4階[13]窓口)、区政資料室(本庁舎1階[7]窓口)、区立各図書館では閲覧いただけます。また、区政資料室では有償頒布も行っています。

レポートについて

「いたばしNo.1実現プラン2018」の主な取り組みや成果を「いたばしNo.1実現プラン2018レポート」としてまとめました。
詳細はリンクをご覧ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

政策経営部 政策企画課
〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
電話:03-3579-2011 ファクス:03-3579-4211
政策経営部 政策企画課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。