区立公園内の蚊対策について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1006653  更新日 2020年1月25日

印刷大きな文字で印刷

暑くなると蚊の発生が多くなります。
蚊に刺されると、ウイルス感染症の媒介などの被害がもたらされる可能性があります。

みどりと公園課では対策として、4月下旬から9月まで、集水桝等に蚊羽化防止剤を投入し、蚊の発生を防いでいます。
感染症を予防するには、各個人が蚊に刺されないよう工夫することが大切です。
蚊の多い場所に行くときは、サンダルを避け、長袖シャツ・長ズボンを着用するなど、肌を露出しないようにしましょう(ただし、熱中症には十分注意しましょう)。
また、必要に応じて虫よけスプレーなどの忌避剤を正しく使用しましょう。

過度な心配は必要ありませんが、蚊に刺されて発熱など症状がある場合にはかかりつけの医療機関などを受診してください。

イラスト:虫よけスプレーをしている女性の様子

関連リンク

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

土木部 みどりと公園課
〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
電話:03-3579-2525 ファクス:03-3579-2547
土木部 みどりと公園課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。