ビオトープ

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1006065  更新日 2021年3月2日

印刷大きな文字で印刷

自然環境(ビオトープ)を守り育てる

 ビオトープは100年ほど前にドイツで生まれた合成語で、生物の生息空間という意味です。ビオトープには、原生林などを自然のままの空間として残す考え方もありますが、自然が減少している都市では、人が自然と関わり、環境条件を整えて生態系のネットワークを再生し、生き物たちが自立できる空間を作ることが必要です。小さなビオトープは生き物の移動の中継地点となり、小さな自然でも生息できる生き物の生息場所になります。また、ビオトープの整備や維持には、地域の生態系を知ることも重要です。特に外来種の侵入は、在来生物の捕食などによる生態系への影響が懸念されているため注意が必要です。区では、地域のみなさんと行政のパートナーシップによる自然回復事業を目指して取り組んでいます。

写真
赤塚溜池公園内トンボ池

赤塚溜池公園内 トンボ池
所在地:板橋区赤塚5-35

関連リンク

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

資源環境部 環境政策課
〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
電話:03-3579-2591 ファクス:03-3579-2249
資源環境部 環境政策課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。