「もったいない」食品ロスを減らそう!

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1001918  更新日 2020年7月17日

印刷大きな文字で印刷

食べきりチャレンジリーフレット(表紙)
食べきりチャレンジリーフレット (表紙)

食品ロスとは、まだ食べられるのに廃棄される食品のこと。

【日本国内の食品ロス】(出典:環境省・農林水産省「平成29年度推計」)
年間612万トン≒ 国連WFP(国連世界食糧計画)による世界全体の食料援助量(年間約390万トン)× 約1.6倍

日本人一人当たりの食品ロス量を試算すると「お茶碗約1杯分(約132グラム)」の食べ物が毎日捨てられている計算になります。
612万トンの食品ロスのうち、284万トンは、家庭からのものです。
買い物・調理・食事などの場面で気をつけると、家庭での食品ロスを減らすことができます。
詳しくは、下記添付ファイル(食べきりチャレンジリーフレット「いたばし みんなの食べきりチャレンジ」)よりご確認ください。

家庭における食品ロスについて

家庭系食品ロスは、284万トンと推計されます。
その内訳は、食べ残し」が41.9%、「過剰除去」が22.8%、「直接廃棄」が35.3%となっています。

(出典:平成29年度推計・環境省資料より)

家庭における食品ロスの内訳[1] 「食べ残し」

食事として使用・提供されていたが食べ残され廃棄されたもの
作りすぎ防止やメニューの改善なども効果的です。食べられる分だけ作るようにしましょう。

家庭における食品ロスの内訳[2] 「過剰除去」

調理時などに食べられる部分まで過剰に除去されたもの
皮の厚剥き、へたの切り落とし過ぎ・・・など。少し気に掛けると減らすことができます。

家庭における食品ロスの内訳[3] 「直接廃棄」

消費期限や賞味期限を超えたことにより、食事として使用・提供せずにそのまま廃棄されたもの
買い物前には冷蔵庫の中をチェックし、食べられる分を購入するようにしましょう。

ご存知ですか?「消費期限」と「賞味期限」

いずれも、開封していない状態で、表示されている保存方法で保存した場合の期限です。

  • 消費期限(しょうひきげん):期限を過ぎたら食べないほうがよい期限(安全性の保証期間)
  • 賞味期限(しょうみきげん):おいしく食べることができる期限。この期限を過ぎても、すぐに食べられないということではありません!

(資料参考:消費者庁 食品ロス削減 啓発用パンフレット/基礎編(平成30年10月))

板橋区×淑徳大学の学生による動画CMの紹介

(参考)CM画像

平成31年4月公開。淑徳大学の学生のみなさんで制作した「食品ロス削減」を訴える、動画の紹介ページです。

消費者庁の取り組み

めざせ食品ロスゼロ

消費者庁では、食品ロス削減についてまとめた特設サイトを公開しています。各地方公共団体から寄せられた「食材を無駄にしないレシピ」や、板橋区観光大使の杉浦太陽さんが出演する「今日から減らそう“あなたの”食品ロス」動画へのリンクなど、最新情報を紹介しています。暮らしの参考にぜひお役立てください。

「もったいない」の気持ちを大切に、できることから取り組んで、食品ロスを減らしましょう。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

資源環境部 資源循環推進課
〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
電話:03-3579-2217 ファクス:03-3579-2249
資源環境部 資源循環推進課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。