大山町クロスポイント周辺地区

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1006258  更新日 2020年1月25日

印刷大きな文字で印刷

大山町クロスポイント周辺地区の概要

事業の名称

大山町クロスポイント周辺地区第一種市街地再開発事業

位置

大山町25~29番、40番の各一部

地区面積

約0.75ヘクタール

地区の現況

  • 当地区は、東武東上線大山駅から川越街道に至るハッピーロード大山商店街において、東西両端の核(大山駅周辺および大山町ピッコロ・スクエア周辺地区)の結節点となる商店街の中心部であり、補助第26号線の拡幅部分でもあります。
  • 木造住宅や店舗等が密集し、火災や震災への不安をかかえています。

地区の状況

  • 平成27年 4月 「大山町クロスポイント周辺地区市街地再開発準備組合」発足
  • 平成29年10月 都市計画決定(詳しい内容について下部で紹介しています)
  • 令和元年  6月 「大山町クロスポイント周辺地区市街地再開発組合」の設立が認可されました。これにより、法人格を得て、市街地再開発事業の施行者となり、事業に着手します。また、拠点整備課[13]番窓口にて関係図書の縦覧が可能です。

まちづくりの方針

大山まちづくり総合計画(平成26年3月策定)において、当地区は「ハッピーロード大山商店街の中心地として、歩行者の流れをつなぎ、生み出す拠点」「補助26号線の整備にあわせた一体的な整備が必要な地区であるため、市街地再開発事業により複数の敷地を一体的に活用した共同化などにより、にぎわい・活気や防災性を生み出し、商店街の人の行き来をつなげる場として検討を進めていく」と位置づけられています。

大山町クロスポイント周辺地区にかかる都市計画の概要

種類
  • 東京都市計画地区計画(大山駅西地区地区計画)の決定
  • 東京都市計画第一種市街地再開発事業(大山町クロスポイント周辺地区第一種市街地再開発事業)の決定
  • 東京都市計画高度利用地区(大山町クロスポイント周辺地区)の変更
  • 東京都市計画高度地区の変更
  • 東京都市計画防火地域及び準防火地域の変更
区域
  • 板橋区大山町及び大山金井町各地内(地区計画)
  • 板橋区大山町(市街地再開発事業、高度利用地区、高度地区、防火地域及び準防火地域)
面積
約17.3ha(地区計画)、約0.85ha(市街地再開発事業、高度利用地区、高度地区、防火地域及び準防火地域)
告示日
平成29年10月10日

市街地再開発事業内の建築物の建築

市街地再開発事業の区域内において、都市計画の告示日(平成29年10月10日)以降に建築物の建築をしようとするときは、事前(建築確認申請前)に許可が必要です。
※補助第26号線内については、東京都により事業認可されておりますので、別途ご相談ください。

閲覧できます

都市計画図書(計画書・計画図など)は都市計画課(本庁舎北館5階15番窓口)でご覧になれます。

担当部署

【大山町クロスポイント周辺地区市街地再開発事業について】
都市整備部拠点整備課大山まちづくり第二グループ
窓口 本庁舎北館5階13番
電話 03-3579-2449

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

まちづくり推進室 まちづくり調整課
〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
電話:03-3579-2183 ファクス:03-3579-5437
まちづくり推進室 まちづくり調整課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。