資料の貸出・返却・予約

ページ番号2000004  更新日 令和2年4月1日

印刷大きな文字で印刷

資料の貸出

図書館の資料は、お一人につき、次のとおり借りることができます。
いずれも全館で借りられる資料の上限数です。

本・雑誌あわせて
上限数:20冊まで
貸出期間:2週間
紙芝居
上限数:3組まで
貸出期間:2週間

CD・カセットテープ
(ただし中学生以上)

上限数:5点まで
貸出期間:2週間

本や雑誌を期限までに読み終わらなかった時は、返却期限までに来館、電話またはインターネットにより、1回だけ、貸出期間をその日から2週間延長することができます。
ただし以下の場合にご留意ください。

  • 予約の入っている資料や、視聴覚資料(CD、カセット)、返却期日を過ぎている資料は、貸出延長できません。
  • 区外の図書館から借りた資料は、OPAC(インターネット・館内利用者端末)では貸出延長できません。(窓口にてお受けいたします。該当資料をご持参ください。)
  • 返却期日を過ぎている資料や弁償中の資料が1点でもある場合は、他の返却期限内の資料も、貸出延長がOPAC(インターネット・館内利用者端末)ではできなくなります。(この場合の期限内資料は、お電話または窓口にてお受けいたします。)
  • 本人が来館できず、代理人に貸出を委任するときは、申請者の利用カード、申請者による記入・押印済みの「委任状」を、代理人がその都度ご提出ください。
    「委任状」の用紙は下記利用申請書類からダウンロードできますのでご利用ください。

資料の返却

返却カウンターまでお持ちください。利用カードはいりません。

板橋区内の図書館資料は、区内どこの図書館でも返却できます。図書館が閉まっているときは、本や雑誌の場合は図書返却ポストに入れてください。ただし、CD・カセットテープや区外の図書館から取り寄せた資料などは、必ず直接カウンターまでお持ちください。

貸出期限が31日を超えたかたおよび弁償手続きが未完了のかたに対しては、その資料及び遅延している全ての資料が返却または弁償されるまで、区内全館で新規の貸出、貸出の延長及び新規の予約受付を停止させていただきます。

資料の予約

読みたい本、雑誌やCDなどが棚にない場合は、予約ができます。

1 予約できる資料

お一人につき次のとおりです。

本・雑誌あわせて
上限数:10冊まで
CD・カセットテープ
(ただし中学生以上)
上限数:5点まで
紙芝居
上限数:3組まで
紙芝居舞台
上限数:1台まで

CD、カセットテープの予約は、板橋区立図書館で所蔵しているものに限ります。
雑誌の予約は、発売日から受付します。貸出は次号発売日からです。雑誌の最新号は館内閲覧のみですのでご注意ください。

2 予約方法

  1. 「予約カード(リクエストカード)」に記入して窓口で申し込む。
  2. インターネット(パソコン版、携帯電話版)の蔵書検索・予約システムから申し込む。
  3. 館内OPACから申し込む。

予約カードは、資料1点につき1枚をお書きください。上・下巻の本を予約するときは、予約カードが2枚必要です。
インターネット予約、館内OPAC予約を利用する場合、パスワードの登録が必要です。また、図書館からの連絡方法は、連絡不要またはメールのみです。
電話での連絡を希望されるかたは、予約カードをご利用ください。
なお、いただいた予約の内容確認や取り消しは、手紙、電話または窓口で行います。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

教育委員会事務局 中央図書館
〒174-0071 東京都板橋区常盤台一丁目13番1号
電話:03-3967-5261 ファクス:03-3967-5550
教育委員会事務局 中央図書館へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。