板五米店〈有形文化財(建造物)〉

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1020946  更新日 2020年3月31日

印刷大きな文字で印刷

板五米店

(いたごこめてん)

区内仲宿に所在し、2009年に東京都教育庁が編集した『東京都の近代和風建築―東京都近代和風建築総合調査報告書―』に3次調査対象物件(最重要)として収録。現在は仲宿商店街の空家対策事業の一環として、飲食業が営まれている。
調査により棟札が発見されたことで、当主の川口角太郎氏が大正3 年(1914)に建立したことや、棟梁である市川寅吉をはじめとする大工の名前が判明した。「田中米店」から「板五食料販売所」、「板五米店」と改称され現在に至る。板五米店は、中山道の街道に面して立地する町家の系譜を引いた、道路側に下屋庇(げや・ひさし)をもつ土蔵造町家(どぞうづくり・まちや)であり、店舗部分と住居部分で構成されている。全体的に近世町家に煉瓦の袖卯建を配しており、和風建築に洋風の意匠(いしょう)が加味された、近代の息吹を感じさせる建造物である。

所在地

板橋区仲宿40番1号

登録日

令和2年2月25日

板五米店の外観
板五米店

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

教育委員会事務局 生涯学習課
〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
電話:03-3579-2633 ファクス:03-3579-2635
教育委員会事務局 生涯学習課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。