2019年8月6日 むらかみひとみさんのひよこたぬきアトリエ

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号4000627  更新日 令和2年1月28日

印刷大きな文字で印刷

8月4日に、ひよこたぬきアトリエ「かわいい紙ぶくろをつくろう」が行われました。
講師は絵本作家のむらかみひとみさんです。むらかみさんは今年のボローニャ展からオープンしている「ミュージアムショップ・ボローニャ」のロゴマークや販売中のコッペぱんに貼ってあるシールなどもデザインされています。

写真:むらかみひとみさん


今回は、世界に一つだけのオリジナル紙ぶくろをつくります。
切り抜いた型紙をつかって模様を写し出す技法「ステンシル」を用いて、制作しました。

正方形の紙を半分に折り、好きな形をはさみで切ります。
切り抜かれた紙の上から、絵具をつけたスポンジを優しく押し当てます。とてもシンプルな作業です。
幾何学的な形、ハートや星といった記号、左右対称の昆虫など…
参加者の方は、切り抜いた型紙を使って楽しそうにステンシルしていました。

写真:紙ぶくろ制作の様子1


写真:紙ぶくろ制作の様子2


そして最後は、発表会がありました。
家族ごとに前にでてきてもらい、作った紙ぶくろを皆さんに見てもらいます。

ストーリーを感じさせる絵柄や実際にショッピングバックとして使われそうなデザイン性のある絵柄、様々な紙ぶくろが誕生していました。

写真:発表会の様子


おしゃれな紙ぶくろ制作のポイントは、シンプルな形を切り抜くことと限られた色数で作ることなのだそうです。ちなみに、このワークショップでは赤色、緑色、黄色を使用しました。
是非、他の色の組み合わせでもステンシルしてみてくださいね。

このページに関するお問い合わせ

板橋区立美術館
〒175-0092 東京都板橋区赤塚5-34-27
電話:03-3979-3251 ファクス:03-3979-3252
区民文化部 文化・国際交流課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。