2019年12月14日 駒形克己展 小学生の鑑賞教室

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号4001358  更新日 令和2年1月28日

印刷大きな文字で印刷

12月13日に、区内の小学5年生(約60人)が鑑賞教室に来てくれました。

まずスタッフから、現在開催中の「小さなデザイン 駒形克己展」について簡単なお話をしました。
「駒形さんが作る絵本と一般的な絵本との違い」や「デザイナーはどんな仕事をしているのか」といったことについて、駒形さんがデザインした本やポスターの実物も交えながら紹介しました。

写真:鑑賞教室の様子1


さらに、美術館で作品を鑑賞するときのマナーのお話もありました。
当館では、展示室に入る前に子どもたちと3つのお約束をしています。

  1. 展示室内で走らない
  2. 作品に触らない
  3. 大きな声では話さない

皆さんよく知っているようで、手を挙げて積極的に答えていました。

そして、いよいよ展示室での鑑賞の時間です。
興味のあるデザイン画の前で、見入っている子
お友達同士で「何に見えるか」の意見交換している子など
様々な方法で作品を楽しんでいました。


写真:鑑賞教室の様子2


鑑賞のあとは、自分のお気に入り作品を発表する時間もありました。
特に子どもたちの間では「Little Tree」という絵本が人気で、たくさんの意見がでていました。
木が成長して大きくなっていることに気づいた子
季節による色の変化や影に注目した子
各ページの紙の手触りの違いを発見した子
一つの作品を見ても、それぞれ感じ方や関心のあるポイントが違うようです。
皆さん、発表を聞いてうなずいたり、驚いたり、拍手をしたりしていました。


写真:鑑賞教室の様子3


最後にもう一度、お友達の発表を参考に展示作品を見て、約2時間の鑑賞教室は終了しました。

子どもたちそれぞれの作品の見方や考え方を聞くことができ、すばらしい時間となりました。
今回の鑑賞教室は、夏休み中から打ち合わせがはじまり、図工の先生による事前授業も行われ、丁寧なプログラムとなりました。
また、ご家族ともぜひご来館くださいね!

このページに関するお問い合わせ

板橋区立美術館
〒175-0092 東京都板橋区赤塚5-34-27
電話:03-3979-3251 ファクス:03-3979-3252
区民文化部 文化・国際交流課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。