2019年11月30日 駒形克己展 みどころ1

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号4001351  更新日 令和2年1月28日

印刷大きな文字で印刷

「小さなデザイン 駒形克己展」では、これまであまり紹介されたことのない駒形さんの初期作品も展示をしています。
駒形さんは1970年代から80年代にかけて、合計6年半に渡ってロスとニューヨークに滞在し、ニューヨークではCBSやシェクターグループなどでグラフィックデザイナーとして活躍しました。本展では、当時の作品や貴重なスケッチなども紹介しています。

写真:展示の様子1


駒形さんはNY時代から自主制作でカード状や冊子状の作品を手掛けていたことも、今回の展覧会調査で分かりました。すでにページの幅が異なるなどの仕掛けが入っていたり、『Little Eyes』をほうふつとさせる作品もあります。

写真:展示の様子2


90年代以降の絵本作品で駒形さんのご存知の方も多いと思いますが、それまでに手掛けたグラフィックデザインの仕事も、展覧会でぜひご堪能ください。

このページに関するお問い合わせ

板橋区立美術館
〒175-0092 東京都板橋区赤塚5-34-27
電話:03-3979-3251 ファクス:03-3979-3252
区民文化部 文化・国際交流課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。