2019年11月24日 駒形克己さんと板橋区立美術館

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号4001349  更新日 令和2年1月28日

印刷大きな文字で印刷

駒形克己さんと板橋区立美術館とのかかわりは2007年から始まります。
駒形さんがボローニャ国際絵本原画展の審査員を務め、その夏にイラストレーター向けのワークショップ「夏のアトリエ」の講師をしてくださいました。さらにその年の秋に開催したブルーノ・ムナーリ展では、ポスターや図録のデザインを駒形さんに依頼しました。
11月23日の「駒形克己展」のオープニングには、12年前の「夏のアトリエ」の参加者も集まり、懐かしい話で盛り上がっていました。展示室では駒形さんの初期作品も展示しているので、イラストレーターのみなさんにとっては改めて刺激になったようです。
1Fスロープを下りたところには、今回の展覧会に合わせて、これまでに板橋区立美術館のために駒形さんがデザインしてくださったポスターなど印刷物も併せてご紹介しています。こちらもお見逃しなく。

写真:展示室の様子1


写真:展示室の様子2

このページに関するお問い合わせ

板橋区立美術館
〒175-0092 東京都板橋区赤塚5-34-27
電話:03-3979-3251 ファクス:03-3979-3252
区民文化部 文化・国際交流課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。