2019年12月8日 駒形克己展 ギャラリートーク

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号4001356  更新日 令和2年1月29日

印刷大きな文字で印刷

12月7日(土曜日)夕方、駒形克己さん本人によるギャラリートークを開催しました。
今回は事前予約制で、閉館後の美術館で、ゆっくりお話を聞ける贅沢なイベントです。


写真:ギャラリートークの様子1


本展の最初のみどころは、1980年前後のアメリカ時代の貴重な作品です。とくに、タバコのパッケージのために描いた沢山のスケッチワークや、ニューヨークの町からインスピレーションを受けた自主制作作品などは、これまで知られていなかった作品です。駒形さんとしても、ロスやNYで過ごした時期への思い入れはひとしおのようで、若い頃のさまざまなエピソードをたっぷり披露いただきました。
1983年の帰国後、あまり仕事のなかった時期を経て、コムデギャルソンのグラフィックを手掛けた経緯、さらに、初めての絵本『Little Eyes』、ワークショップ活動のきっかけ、そして『Little Tree』の制作まで、たっぷりお話くださいました。
ときにくすっと笑いも起こり、和やかで、大満足の1時間となりました。

写真:ギャラリートークの様子2


約30人の方にお集まりいただきました。寒い中、ご参加ありがとうございました。
駒形さんによるギャラリートークは21日夕方にも開催します。詳しくは以下のページをご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

板橋区立美術館
〒175-0092 東京都板橋区赤塚5-34-27
電話:03-3979-3251 ファクス:03-3979-3252
区民文化部 文化・国際交流課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。