2019年12月1日 駒形克己展 みどころ3

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号4001366  更新日 令和2年1月28日

印刷大きな文字で印刷

駒形さんは、アメリカでデザイナーとして活動したのち1983年に帰国し、東京で仕事を始め、個人事務所を構えます。
そんな1980年代、駒形さんは音楽やファッションの分野のグラフィックデザインで活躍しました。1980年代半ばからオフコースや安全地帯のレコードジャケットのアートディレクションを担当するほか、ファッションブランドの印刷物や商品タグなどのグラフィックも多数手掛けました。

中でも、コムデギャルソンのコレクションの招待状は、透ける紙や薄い紙を用いたり特殊な印刷を試みたり、繊細な工夫が施され、シンプルなグラフィックワークを引き立てています。

写真:コムデギャルソンのコレクションの招待状展示の様子


80年代末にはファッションブランド「ズッカ」のロゴマークもデザインしています。大文字と小文字を組み合わせたこのロゴはとてもよく知られますが、駒形さんのデザインだったことを今回の展覧会で知ったという方も多いようです。


写真:ロゴマーク
ズッカ ロゴ決定稿 1988年頃

このページに関するお問い合わせ

板橋区立美術館
〒175-0092 東京都板橋区赤塚5-34-27
電話:03-3979-3251 ファクス:03-3979-3252
区民文化部 文化・国際交流課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。