いたばし版ネウボラ事業

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1014689  更新日 2021年2月22日

印刷大きな文字で印刷

いたばし版ネウボラ事業~妊娠期からの切れ目のない支援~

板橋区では、安心・安全な妊娠・出産・子育てを実現するために、「いたばし版ネウボラ」事業を展開しています。

ネウボラ(neuvola)とは、フィンランド語で「アドバイスの場」を意味し、いたばし版ネウボラ事業では、みなさんの身近な場所に子育ての不安な気持ちや悩みを相談し、さまざまなサービスを利用しながら、安心して出産や子育てができるように支援しています。

妊娠届出時の妊婦面接から始まる「いたばし版ネウボラ」

板橋区では、区内5か所の健康福祉センター等が子育て世代包括支援センター(母子保健型)の機能を持ち、妊娠期からの相談窓口となっています。

支援の始まりである「妊婦・出産ナビゲーション事業」では、母子健康手帳交付時に実施している保健師・助産師等の専門職との面談(妊婦面接)により、個人に合わせた情報提供や相談を行うと共に、板橋区がお一人お一人の子育てを応援するメッセージをお伝えするために、育児パッケージをお渡ししています。

 母子健康手帳交付後には、妊婦健康診査費用の一部助成や母親学級・両親学級などの妊娠中のサポートが続き、出産後には、赤ちゃん訪問や育児相談、助産師によるお母さんの心身のケアときめ細やかな育児に関するアドバイスを行う「産後ケア事業(訪問型・宿泊型)」などを行っています。

また、地域での子育てを応援するCAP’S(児童館)との連携により、生後2・3か月の赤ちゃんを持つお母さん向けの交流会(産後サポート事業)を開催しています。お住まいの身近な場所でご自身の都合に合わせてご利用いただけます。

その他にも、下記の関連各事業を通して、個々の必要性に応じ、お子さんの成長とそれぞれのご家庭の子育てに寄り添って切れ目のない支援を継続的に行っております。

写真
妊娠期の専門職との面談(妊婦面接)

いたばし版ネウボラの関連事業

母子保健(健康福祉センター・健康推進課)

子育て支援事業(児童館・保育園・子ども家庭支援センター・教育支援センター)

学童期の支援(学校・教育支援センター)

放課後・休日の子どもの居場所

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

健康生きがい部 健康推進課
〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
電話:03-3579-2302 ファクス:03-3962-7834
健康生きがい部 健康推進課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。