食糧不足から環境問題について知ろう

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1024057  更新日 2020年9月25日

印刷大きな文字で印刷

プログラムの概要

このプログラムは、エコポリスセンターの出前授業でも実施できます

ねらい
世界の様々な国や地域でおこっている食糧不足から、地球環境の問題に対して目を向ける感受性を育む。その中で、この世界に対し自分のできることを考え、実践していく力を養う。
キーワード

地球温暖化、食育

対象

小学5年~中学3年

時間

90分

実施場所

教室

使用するもの

ワークシート、地図帳、関連資料、パソコン、プロジェクター、スクリーン

全体の流れ

  1. 発展途上国の貧困・飢餓の現状を知る。
    写真を見て解ること・感じたこと
  2. 貧困・飢餓の原因にはどんなものがあるのか。
    戦争・地球温暖化(砂漠化・異常気象など)など
  3. 食糧不足と密接に関係している環境問題
    どのような問題がどのように関係しているか。
  4. まとめ
    豊かな世界をつくるためにはどのようなことをしていくべきか。
    私たちはどのようなことに取り組めばよいのか。

プログラムの進め方

参考資料

参考情報

  • 世界の食料自給率【農林水産省】
  • 水不足と食料枯渇【地球温暖化白書】
  • 世界の統計【総務省】
    世界各国の農業生産量、自給率などのデータを公開している。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

資源環境部 環境政策課
〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
電話:03-3579-2591 ファクス:03-3579-2249
資源環境部 環境政策課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。