気温と電気の使用量

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1024086  更新日 2020年9月25日

印刷大きな文字で印刷

プログラムの概要

ねらい
家庭における電気の使い方を定量的に把握し、二酸化炭素の排出量変動が気温の変動と相関していることを確認し、無駄の少ないエネルギーの使い方について考え、個人レベルからの地球温暖化防止の動機付けを行う。
キーワード

エネルギー、地球温暖化

対象

小学5年~中学3年、一般

時間

45分×2

実施場所

屋内および家庭

使用するもの

パソコン、「電気ご使用量のお知らせ」

全体の流れ

  1. 地球温暖化と家庭生活の関係について学ばせる。
  2. 各家庭の電気の使用量を調べさせる。
  3. 月単位で気温を調べさせる。
  4. 気温と電気の使用量の相関関係をグラフ化する。
  5. 数名のグループに分かれ、気温と二酸化炭素の排出量について議論させる。
  6. 更に、電気の無駄な使用、使用量の削減などについて議論させる。
  7. 作図したグラフを掲示し、議論した内容を発表させる。

プログラムの進め方

参考資料

参考情報

  • 地球温暖化情報【全国地球温暖化防止活動推進センター】
    地球温暖化の基礎知識、家庭からの二酸化炭素排出量などを紹介している。
  • 過去の気象データ【気象庁】

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

資源環境部 環境政策課
〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
電話:03-3579-2591 ファクス:03-3579-2249
資源環境部 環境政策課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。