ヤゴ里親作戦 トンボのこどもがやってきた

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1026033  更新日 2020年9月25日

印刷大きな文字で印刷

写真1:トンボの子どもクイズの様子
トンボの子どもクイズ
写真1:ヤゴへの餌やりの様子
ヤゴに餌やり

プログラムの概要

ねらい
  • 身近な虫のトンボの幼虫のヤゴを育てて、虫に関心や親しみをもち、命の大切さを感じる。
  • 区内の小学校で救出されたヤゴを、幼児にも飼育してもらい、トンボを守る環境活動として小学校と一体となって実施してもらう。
キーワード

いきもの

対象

幼児

時間

40分

実施場所

室内

使用するもの

ヤゴ、飼育容器、割り箸、落ち葉、汲み置きの水
紙芝居「やごのすけものがたり」

全体の流れ

  1. 導入
  2. 紙芝居(ヤゴのすけものがたり)
    ヤゴがトンボになるまでのお話
  3. 飼育方法の説明
  4. ヤゴの観察
    授業後は、羽化するまでヤゴを飼育し、適宜観察する

プログラムの進め方

参考資料

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

資源環境部 環境政策課
〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
電話:03-3579-2591 ファクス:03-3579-2249
資源環境部 環境政策課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。