森の忍者をさがそう

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1024146  更新日 2020年9月25日

印刷大きな文字で印刷

写真1:生きもの探しの様子
土もぐりの術を見破ろう
写真2:生きもの観察の様子
観察してみよう

プログラムの概要

ねらい
  • 観察のポイントを絞ることで、いろいろな場所に虫がいることに気づく。
  • 虫を忍者に見立てることで、虫の能力を知るきっかけづくりをする。
  • 虫が苦手な子どもに、虫に親しみを持ってもらう。
キーワード

いきもの、身近な自然

対象

幼児~小学2年

時間

30分~40分

実施場所

屋外(移動教室や遠足など)

使用するもの

忍者の巻物(極意書)、観察道具、筆記用具

全体の流れ

  1. 導入
    「忍者」ということばをキーワードにして、巻物(極意書)という宝物に子どもたちに関心を向ける。積極的に目の前にある自然環境に目を向ける。
  2. 活動
    「土もぐりの術」「葉隠れの術」「隠れ蓑の術」「雲隠れの術」という言葉でヒントを与えて、隠れている小さな生き物を見つける。
  3. まとめ
    参加者に感想や意見を聞き、小さな生物の持っている能力について再確認する。

 

注:本プログラムの後に「校庭の落ち葉で腐葉土をつくろう」を実施するとより効果的です。

プログラムの進め方

参考資料

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

資源環境部 環境政策課
〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
電話:03-3579-2591 ファクス:03-3579-2249
資源環境部 環境政策課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。