水筒やタンブラーを持ち歩こう

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1024063  更新日 2020年9月25日

印刷大きな文字で印刷

プログラムの概要

ねらい
外出する際や遠足の持ち物を児童、生徒が主体的に考える活動を通して、環境という視点を持って物事を考えることができるようにする。
キーワード
ごみ・資源、エネルギー
対象

小学5年~中学3年

時間
80分
実施場所
教室
使用するもの

主張する側に掲示するペットボトル派・水筒派と書いた厚紙

資料(例:ペットボトルの生産量のグラフ、ペットボトルのリサイクル率、ペットボトルのリサイクルの流れ、水筒のメリットの資料 など)

見本用ペットボトル、見本用水筒又はタンブラー

全体の流れ

  1. 導入
    普段、水筒とペットボトルではどちらが多いか各自振り返ってみる。
  2. 本時の課題を確認する。
  3. ペットボトル派と水筒派の各立場での主張を発表する。
  4. 各主張者に質問、意見を行う。
  5. 2回目の主張を行う。
  6. 簡単な感想を書く。
  7. 考えを発表する。

プログラムの進め方

参考情報

  • PETボトルリサイクル推進協議会
    ペットボトルのリサイクル率やペットボトルができるまでの流れなどの情報を掲載している

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

資源環境部 環境政策課
〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号
電話:03-3579-2591 ファクス:03-3579-2249
資源環境部 環境政策課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。